相互リンク

初心者がお金を借りる時に気を付けること

お金借りる 初心者の方へ朗報です。
お金を借りるというときには、消費者金融を利用する人が多いと思います。
しかし、その前に知っておくべきことや心がけるべきことがあると思います。
それらのことについて、いくつかお話していきたいと思います。
消費者金融のキャッシングでは20歳以上で安定した収入があり、過去に借金に関して遅延や不払い等がなければ、ほぼ誰でも融資を受けることが出来ます。
また年収の3分の1以上は借りられない総量規制というものがあります。
しかしそれにも関わらず、その限度額ギリギリまで借りてしまったり、複数の業者から借りてしまう人が多いのが現状です。
最悪の場合、月々の返済が10万円以上になってしまった人もいるそうです。
総量規制は借りすぎを抑制するためのものなのに、逆に規制があることで何としてでも借りたくなってしまう人が多い、ということだと思います。
まず借りすぎないよう自分をコントロールするための、強い意志が必要なのです。
消費者金融の金利は過去のデータによれば、18%前後が主流になっているとのことです。
これは利息制限法に定められた上限金利に沿った数字と言えます。
しかし、ごく一部ではありますが、まだ出資法で定められた上限金利である28%を採用している業者もいます。
利息制限法と出資法に規定された金利の差であるグレーゾーン金利は、基本的には撤廃されてはいます。
まだ高い金利を採用していたとしても、明確な罰則規定はないからです。
金利18%と28%は、たった10%の差でしかないように見えますが、長い目で見ると大変な差になるのです。

例えば金利28%で100万円を借りたとしますと、1ヵ月の利息は15000円になってしまうのです。
金利が10%あがっただけで月々の返済額は約5000円上がり、総返済額は約20万円増えてしまう計算になるのです。
つまり金利28%の状態では、総返済額の約3分の1が利息になる可能性があることになります。
ですから、月々同額を返済していますと、利息は毎月必ず決まっただけ払わなくてはなりませんから、返済が長期に渡ると元金の返済額が中々減らず、延々と返済し続けなくてはならなくなるわけです。
業者を選ぶときは、金利の数字を必ず確かめなくてはなりません。
また中には固定金利を採用している業者もいますが、そうした業者は避けた方がよいと言われています。
先程もお話したように、グレーゾーン金利は撤廃され、実質は元金10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上は15%となっています。
この改正に伴って、大手を中心に多くの業者は金利の引き下げに踏み切りました。
しかしくどいようですが、どこの業者でも引き下げているとは限らないので、くれぐれも注意して頂きたいと思います。
金利が20%を越えているような業者は利用しないことが肝心です。
また最初に触れたように、総量規制があるにも係わらず、年収以上の借金を抱えている人は、消費者金融利用者の4割以上いるとも言われています。
CMでも言っているように、借入と返済は計画的に行うようにしましょう。
消費者金融では限度額以内でなら自由に借りたり返したり出来るため、元利定額・元金定額・元金定率等のリボ払いで、決められた額を返しているだけでは中々返し終われません。
そこで毎月の返済金額が残高に応じてスライドし変化していく、残高スライド式のリボ払いが多く採用され、返済が少しでも早く終わるように考慮されているのです。
しかしこれも、計画的な利用なくしては成り立たないものなので、どうか社会人としての最低限の常識を守り、節度のあるキャッシングの利用をするようにしてください。

 

お金の問題はやはり自分の中で解決した方が良いです。
なぜならそのことが原因で家族や友人、知人、恋人を無くしかねません。
それだけお金の問題は根深いものになってしまうのです。
お金がすべてとは言いませんが、お金で解決出来ないものはたぶん身の回りの問題ではほとんどないと思います。
お金が必要になったとき、初めてキャッシングの利用を考える方も少なくないと思います。
キャッシングは今ではCMにも流れているように一般的にも認知度が高くなってきました。
ハードルが下がってきていると言えるでしょう。
あまり深く考えずにキャッシングばかりを利用するのはおすすめできませんが、きちんとした計画の上で賢くキャッシングを利用するのは今の世の中の摂理をしっかりと把握しているとも言えると思います。
基本的にキャッシングサービスを利用するには、どのキャッシングサービスでも同様に20才以上の働いている方なら問題なくキャッシングサービスを受けることが出来ます。
パートでもアルバイトでも派遣でも問題ないです。
要は安定した収入が入ってくる人なら問題ないのです。
初めてのキャッシングというのであれば文句なくキャッシングの審査に受かるはずです。
また今は無利息のキャッシング期間を設けているキャッシングサービスもありますので、うまく利用すれば金利が0円で借りる事も出来ます。
ぜひ利用してみてください。
またキャッシングに申し込む場合、今はインターネットで申し込むのが通常になっています。
なので、申込時にスタッフの方との対面だと恥ずかしいという方でもまったく問題ありません。

申込から審査、契約まで一切人に会わずに済ませる事も可能です。
ですので、インターネットでスマホかパソコンから申込をした方が良いですね。
また即日キャッシングとして申し込んだその日にお金を借りる事の出来るキャッシング会社もあります。
即日で審査、借入まで行う場合は、平日の13時頃までには申込・審査・契約を終えていなければ当日中の振込キャッシングは出来ません。
ですが、契約出来たら近くの提携ATMにいって直接キャッシングカードを受け取って借り入れすれば夜でも土日でも融資を受けることが出来ます。
この場合もネットから申込をしておけば、万が一、契約出来ない場合でも無駄足を踏むことはなくなります。
必ずパソコンや携帯・スマホからネット申し込みしてください。
そして、借りすぎには絶対に注意しましょう。
きちんとした計画を立てて返済を行って行くのが賢いキャッシングの利用方法です。
消費者金融の大手、プロミスを知らない人は居ないのではないでしょうか。
借りやすいとクチコミが多く、消費者金融初心者の方にも非常に人気があります。
プロミスでお金を借りるメリットがいくつかありますので、紹介していきたいと思います。
プロミスには30日間無利息で借りれるサービスがあります。
初めてプロミスに契約する方で、ポイントサービスに申込をした方が30日間無利息で借りれる権利があります。
まだプロミスを使ったことが無い方にとっては非常にお得なサービスとなっています。
翌月にお金を返せるという方にとっては、利息無しでお金を借りれるという事になりますので是非活用してみましょう。

ポイントサービスがあることも嬉しいサービスです。
プロミスには他の消費者金融には無いポイントサービスというものがあります。
ポイントサービスを貯めることによって無利息サービスを受けれたり、提携ATMを利用する際の手数料を無料にしたりする事が出来ます。
当日振込みが可能です。
平日の14時までにWEB契約を完了させる事で当日中に振込で融資を受ける事が出来ます。
この点はプロミスだけではなくアコム等も同様のサービスを行っていますが、消費者金融の大きな強みです。
プロミスの金利は4.5%〜17.8%と他の消費者金融と比較してみても少しだけ低く設定されています。
大体の消費者金融では18.0%という設定になっています。
消費者金融を金利の面で選ぶのでしたらプロミスがオススメとなっています。
0.2%でどの程度支払う利息が変わってくるのかを例として紹介したいと思います。
まず50万円を17.8%の金利で36ヶ月かけて返済すると月々の返済額は18.026円になります。
これを18.0%で36ヶ月かけで返済すると月々の返済額は18.076円になります。
0.2%の差はそこまで大きく利息が左右される訳ではないようです。
ですので金利で選ぶよりはATMの手数料を無料で使える面や無利息サービスというサービスの面を重視して選択する方法をオススメします。